メルセデス・クラスAのデザインに関して

メルセデスのクラスAは、メルセデスの最小車種ですが、とてもスポーティーでメルセデスだけに高級感あふれる車だ。最小と言っても、ものすごくしょうもないわけでなくサイズとしてはホンダのシビックと同じくらいで、4.292m(長さ)x1.780m(幅)x1.433m(高さ)だ。メルセデスなので、プラクティカルなことはトップクラスであることは確実というし、素人の私が喋るもないと思うので、ここではデザインについて私の印象を言いだしたいと思います。

エクステリアのデザインは、サイドボディーの前方から後方に対して飛び上がるようなラインのデザインが、とてもスポーティーで躍動感にあふれます。そうして、フロントの大きなメルセデスのマークという特徴的なラジエーターグリルのデザインが強烈な印象を与えます。ヘッドライトは、吊り目っぽく、いやに硬派でクール印象です。フロントのデザインがとっても個性的なのとは対照的に、バックのデザインはそこそこ普通の印象を受けます。

インテリアのデザインもスポーティーで高級感に満ちていらっしゃる。ごてごてし過ぎて無く、どちらかというとシンプルにほど近い無駄の無いデザインでありながら、重厚な魅力にあふれていると思います。とりわけ、ダッシュボードのデザインが、「当然」という感じさせるほど素敵だ。

エクステリア、インテリアともに、甚だクールで男くさい印象で、女性を寄せ付けない(ドライバーとして)感じすら行う。何だか、ドライブをスポーツといったとらえ、車をマシンと受け止めるクールで硬派な男の車というイメージだ。 コンパクトカー 比較

メルセデス・クラスAのデザインに関して

BMWの解き放つプレミアム・オープン Z4

テレビにそれほど出ている某女性コメンテーター、「モノづくりの基幹となっている日本の自動車メーカーは素晴らしい!私も日本車が大好き!」と絶賛していたことがあったが、彼女が乗っている車はBMWのZ4(2代目)です。我が家の近所にその人の実家があるから、Z4を乗っていることぐらいご近所さんは皆知っている。

その女性コメンテーターが路上駐車していた2代目のZ4を初めて見たとき、恐ろしい車が出たなと思った。今の日本車にはないロングノーズ&フロント・ヘヴィーなデザインにふと見とれてしまった。子供が適当に描いた未来の車の想像図ではないが、まったくチキチキマシン猛レースに登場しそうなシルエットに目を丸くしたものである。

Z4はスポーツカーであるが、単純に短く走るについてでのスポーツカーではない。オープンカーとして風を下回る楽しみや、信号待ちで歩行者達から注目される楽しみもあるという。ですから早く走らないで良い。但しその一方でレクサスSCやMR-S、フェアレディZ、マツダのロードスターというオープンカー同士の争いがあるので、これは取り逃がすことはできない。だけれども、プレミアムなオープンカーとして比較するなら圧倒的にZ4の勝ちだろう。日本のオープンカーも良いとおもうが、Z4の迫力には損する。

結局、某女性コメンテーターの言っている意味を私も納得してしまうのであった。日本車にZ4の対抗馬(オープンカー)があればそれを選ぶかも知れないけれど、残念ながらZ4の対抗馬なんて今の日本車には乏しい。ですからZ4を買ったのだろう。だいたい自分が同じ立場もそうするだろうなと思った。車売るなら

BMWの解き放つプレミアム・オープン Z4

歴代の乗ってきた車

わたしが初めて乗った車はHONDAのゼストスポーツタイプだ。色は黒っぽい紫色でした。乗り心地は普通の軽自動車よりもハンドルが重くて、手強い感じの乗り心地で心から運転しやすかっただ。短大を卒業して、就職するときに親が乗っていたこういう車を就職祝いとしていただきました。味わう前からちょたちょこ借りて乗っていたので、乗れるには乗れましたが初めての自動車は著しい恐かっただ。毎回運転するのに緊張してお腹が痛くなっていました。こういう車のナビは古くて、手で画面を当たるタイプだったので、著しくめんどくさかったのが印象的な車でした。次に乗ったのが、TOYOTAのウィッシュだ。当時スノーボードにはまっていたため、ちょっぴり大きめの車がほしかったときに知り合いから安く譲ってもらえるとについて、今まで乗っていた、HONDAゼストを売って、TOYOTAのウィッシュを買いました。最初高いから至極不安でしたが、乗ってみると案外がたいは気にならなずに粛々と運転できました。ウィッシュを乗っていた期間は割と短く、私の妊娠が発覚してからは、スライドドアが好ましいという話になり、出産してちょっぴり立ってからは現在乗っている車、HONDAのステップワゴンスパーダのホワイトに入れかえました。初めての新車なので、未だにハラハラワクワクしながら乗っていらっしゃる。当分こういう車を乗っていくと思います。車査定

歴代の乗ってきた車

以前からフォルクスワーゲンの車が好き

私は以前からフォルクスワーゲンの車が好きです。
フォルクスワーゲンの車内もPoloとGolfが特に好きで、一度は乗ってみたい車ですなと思っています。
初めて車の免許を取って車屋さんに行ったのですが、私はおっちょこちょいなので直ぐに新車を購入して万が一ぶつけたりすると一大事になるとして、ユーズドカー屋さんに行きました。
するとついついPoloの赤色が置いてあり、その発色が全くきれいだったので釘付けになりました。
フォルクスワーゲンの色は全体的に他のメーカーの色って発色が違うような気がします。
たとえば赤色もフォルクスワーゲンの赤は原色という赤と言うか、くすみがないような色をしていると私は思います。
それは他の色も同じで、青色や黒色も同様、艶やかな配色をしているので私好みの色だ。
そうして配色と同じ位好きなのがフォルクスワーゲンのマークだ。
あのマークはぜひとも変わらず使い続けてほしいというぐらい眩しいと思います。
車を正面から見たときの「W」のマークが思い切り美しく見える。
GolfもPolo同様配色がきれいだし、デザインもとてもかっこいいので大好きです。
他の日本の車も配色がきれいで、マークも格好よく作られているというのですが、フォルクスワーゲンが私は一番好きなカラーってマークだ。
まったく運転に自信がないので購入することは無理ですが、いつかはカスタマイズに買いたい車です。SUV

以前からフォルクスワーゲンの車が好き

いつかのぼりたいSUV

私が運転免許を取得してからまだ2ヶ月たらず、ちょい運転がこわくて駐車もへたくそも良いとこだ。
今乗っている車は旦那の友人から安く譲っていただいたもので、パジェロミニという車だ。
しかもこういうパジェロミニ初代のものだ。

結構古臭いのと、前の持ち主がかなりのヘビースモーカーだったので車召集洗浄剤によっても臭いが消えないほどだ。
でも自分の自由に払える車あると言うだけでも違いますがね。

それでも私がいずれのぼりたいのは断然、SUVタイプの車だ。
なんてったって見た目がかっこいいですし、SUVタイプの車に乗らせてもらうと車のリライアビリティや振動が短く
乗り心地は抜群でした。

いつかこうした車が運転してみたいと夢はジャンジャン広がっていきます。

ただし、SUVタイプもいっぱいあってどの車が現に愛車としてほしいのか疑問に思いました。
どの自動車メーカーからも性能が厳しく渋い車がいっぱいありますから本当に、私は如何なるのが
好みなのだろう?

そんな時だ。テレビでで『ヴェゼル』という車のCMが放送されました。これは私の心にビビっときました。
こういう車の形、内装が全然かっこいいです。内装が革張りのオレンジくさい感じがお気に入りポイント高かったですね。

旦那もヴェゼルなら買いたいと言っていたので、ひょっとしたら旦那が愛車としていつか買ってくれれば私が
運転できる日も現れるかもしれません。

そうなれば、相当うれしい車での旅行やドライブが味わえるでしょう。
まぁちょい現実的な話ではありませんがいつかは乗ってみたいですね。その日が来るのを密かに楽しみにしております。セダン ランキング

いつかのぼりたいSUV